カテゴリー「くるま系」の17件の記事

2006年5月 1日 (月)

わかったよ、ローソン。

やはり誘惑に勝てずフルコンプしてしまいました。^^;

Nec_0079_4

おとといの事ですが、近所のローソンを偵察に行くと山積みの表面だけで250GTO、Testarossa、F40、F50が見つけられたので、「全部そろうかも?」と思い、店員さんの承諾を得て山を崩し、残りのDino、512BBを探しました。(Enzoは入手済み)
ほどなく512BBを見つけたのですが、店員さんの協力も得て山の全てを確認してもDinoが見つかりません。
「あらぁ、Dinoがないと意味ないし」と思った瞬間、店員さんが「箱にあるか見てきます」とお店の奥へ探しに行ってくれました。
ちなみにこの店員さん、20歳前後の女性で探してる間、「フェラーリ好きなんですかぁ?」とか「フェラーリってカッコイイですよね」などと話しかけてくれてました。
で、手にひとつのケースを持って戻って来てくれ、「これですかぁ?」とDinoが入ったケースを渡してくれました。
あぁ、良かった。Dinoだけ探しまわったり、ヤフオクで買ったりするのは面倒なので一安心。
店員さんにお礼を言いつつ、今のところ飲むアテのない12本の缶コーヒーを持って家路につきました。

7台並べて見ると250GTOはいかにもクラシックなスポーツカーというスタイリングですが、徐々にモダンというか洗練され、Enzoに至ってるのが良く分かる気がします。

それにしても店頭でコーヒーの山積みを崩してミニカーを探す中年男の姿は世間様にはどう映ったのでしょうか?^^;
中身が分かってるのですから、お店側で最初からセットにしとくなんて工夫があれば、大人は買いやすいと思うんですけどね。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年4月30日 (日)

1007目撃!

当て逃げのキズを発見する数時間前、エマとの散歩中に近所のマンション駐車場でグリーンの1007を目撃。
人が乗っていたので近寄ることはしませんでしたが、携帯で1枚だけ撮影。
グリーンはもう日本ではオーダできないそうですから貴重品ですね。
この後、キズを発見しBLへ行ったのですが、1007を目撃した話をすると「多分、うちから納車された1007でしょう」とのこと。
1007は2台展示していたのですが、それも売ってしまったそうで、納車が追いついてない状況のよう。
ちなみにオレンジの1007を注文した同僚はまだ納車予定が分からない状況だそう。

F1000150_2 ←スクープ写真のようなピンボケ^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

やめてよ、ローソン。

ローソンの策略のせいで、とうとうフェラーリにまで手を出してしまいそうな雰囲気。
今週から缶コーヒー2本に1つ、フェラーリ歴代の名車7種の1/72ミニカーがもらえるキャンペーンが始まりました。

Nec_0068

今日は「集めるに足る品質か確かめる」と自分自身に言い訳して1つだけ買ってみました。
本当はDinoがどの程度再現されているか確かめたかったのですが、すぐには見つけられなかったのでEnzoに。
マテル社製とのことですが、オマケとしては十二分の品質でしょう。
塗装の光沢が少ないのはちょっと残念ですが、これならフルコンプしてもいいかも。
中にどれが入っているか分かるようになっているので、フルコンプは簡単に出来ると思いますが、缶コーヒーはあまり飲まないし、ヤフオクで買うのも手か。
でも、送料などを考えるとローソンで一気に買った方が安上がりかな。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年3月26日 (日)

Pininfarinaと暮らそう

yusakuさんからいただいたコメントから何気なくPininfarinaで検索したら、こんな物を見つけました。
Pininはいろんな物のデザインをしてるのは知ってましたが、こんな物まであるとは私は知りませんでした。

Pinin_Door Pininfarinaのドア

私はマンション住まいですが、将来もし家を建てる事があればこんなモダンなドアが似合う家を建てたいものです。
と思ったら、左から90諭吉、100諭吉、150諭吉ですと。^^;
赤を「シャイニーフェラーリレッド」、黄色を「シャイニーフェラーリイエロー」と呼ぶあたり、購買意欲をそそるのも巧みじゃぁないですか。(いくらかはフェラーリに上納されるのか?)
Pininのエンブレムが付いたタイプもあるみたいですが、もしどこかで見つけてもエンブレムを頂こうなんて思わないように気を付けましょう。^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

RALLY CAR COLLECTION SS.3 LANCIA

しばらく迷ってましたが、ついに買ってしまいました。
ストラトス、037、デルタと揃えられちゃぁ、我慢しきれませんでした。
シーエムズコーポレーションのラリーカーコレクション ランチア編
スバル、三菱に続く第3弾です。
近所に売ってるとこもないし、箱買いしてダブるのもイヤなので、ヤフオクで購入。
4月下旬には車種は変わらず、カラーリング違いのSS.5が発売されるのですが、きっと買ってしまうのでしょうね。

cms_lancia 画像は購入したオークションから拝借。

今日は407のレア物もゲットしたのですが、写真がうまく撮れてないので紹介は近いうちにあらためて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

SUPER AGURI F1頑張れ!!

現地バーレーンではすでにレースは終わってると思いますが、日本ではこれから放送です。
私もフジテレビの放送開始とともにF1を見始めて20年目。
バブルの時代でさえ出来なかった日本チームが、よもや今の時代に出来るとは思いもよりませんでした。
亜久里さんの英断に敬意を表するとともに、数年で撤退することのないよう、スポンサー確保などチーム運営をしっかりして欲しいものです。
私のような一ファンも少しばかりの寄付など、機会があれば協力したいと思ってます。
さて、いよいよ始まりますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

忘れじのCR-X その2

CR-Xミニカーの記事では現CR-Xオーナーの方からもコメントをいただいたので、私が乗っていたCR-Xの写真をアップしておきたいと思います。
場所は当時、私がバイトしてた札幌市内のとあるガソリンスタンド。
24時間営業でしたので夜な夜な仲間が集い、洗車、オイル交換などのメンテからバカ話にいたるまで夜が明けるのを惜しんで遊んでいました。

feb0304

主なアピール・ポイントは以下の通り。
・ホイール:無限CF-48(MR5よりCF-48が好き)
・タイヤ:当時のPOTENZAの最高峰RE-71Gでゴーマルの15インチだったかな?
・マフラー:HKS
・カーコンポ:ALPINE(CDチェンジャー付)、JBLスピーカー

こんな感じなので、当時はバイトで稼いだお金はほとんどクルマに注ぎ込んでました。
当時、ゴーマルはまだ出始めの頃でさすがに自分でホイールに組み込む勇気はなかったのでショップに頼みましたが、マフラー、コンポは仲間の助けを借りて自力で取り付けました。
足回りやエンジンには一切手を入れず、見た目重視のセッティングです。^^;
そうそう、ドアミラー下のステッカーは隣の86トレノの友人がカッティング・シートで作ってくれた力作で、無限やBRIDGESTONEなどと並んでます。

86トレノの友人は当時、ドリキン土屋圭市の峠ビデオを何百回も見ては実践するために峠に通ったたツワモノで、私はコーナーを真横にクリアするというのを彼の助手席で初めて経験しました。
しかし練習熱心がたたってか86トレノはこの後、フェラーリよりも車高が低くなる(=屋根がつぶれる)という憂き目に遭うのでした。
当時のヨタ話はまた機会があれば。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

忘れじのCR-X

当面は407シリーズとコンセプトカーだけ集めようと思ってたのですが、探したら見つけてしまったので買ってしまいました・・・。
これは私が人生2台目として思い切って新車で買ったホンダCR-X Siで色も同じブラックです。
VTECになる前なので、ボンネットの一部だけ膨らんでますが、これがまた懐かしくて泣けてきます。

NEC_0008

これまで買ったプジョーのミニカーは1/64スケールでしたが、これは1/43で少し大きい分、作りも精巧です。
「MINICHAMPS」というこの分野では有名(みたい)なシリーズで2003年に発売された限定2,304台(ホントか?)の1台とのこと。
私が乗ってたのと違う点はミニカーはグラストップ(SWみたいに天井が全面ガラス)じゃないのと、リアスポイラーの支柱がある点でしょうか。

機会があったらまた詳しく・・・。(今日はもう眠いッス)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005年12月18日 (日)

日帰りで泊(とまり)村

chkimg 15日の木曜ですが、仕事で泊村の某発電所に行って来ました。

うちの会社は仕事に自家用車を使ってはいけないので、社用車としてリース契約しているカローラ・フィールダーで往復。4WDなので多分、1.5Xというグレードだと思います。

札幌からは片道100kmに満たないのですが、雪路と峠越えのため3時間かかりました。

さすが世界のトヨタ車と言うべきか、実に安定した走りっぷりでなんの不安もなかったですね。エンジンは普段乗ってる407の半分の排気量なので比べるのは酷ですが、やはりトルクは細い。でも、それが雪路には丁度良いトラクションのかかり具合だったのかも。

車重が軽いせいか足元はばたつき気味。雪道の振動とも相まって実際の距離以上に疲れた感じがします。

そして車内の静粛性も407の方が断然静か。当たり前ですよね、407の方が3倍近い価格なんですから。^^; 最近では407の静かさに慣れてしまい、静かとも思わなくなっていたのですが、再確認しました。

感心したのは407ユーザーのお悩み№1であるドリンクホルダーの充実ぶり。センターコンソールに2つ分ある他に左右のドアポケットに膨らみがもうけてあり、ペットボトルが丁度良く入るようになっていました。

それからエアコンの効きが強い点にもいつも感心します。夏はキンキンに冷えるし、冬は汗ばむくらいに暑くなる。前車までホンダ車一辺倒でしたが、こんなに効きませんでしたから。407のエアコンについてはもう少し効きが良くてもと思いますが、今のところ不自由はないですね。シートヒーターもあるし。壊れない限り大丈夫でしょう。^^;

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

Audiの意地?

Audi_R10

写真は先ごろ発表されたAudi R10で、来年のルマンに参戦するそうです。

で、なんとディーゼルエンジンだそうですから、2007年にディーゼルでルマン参戦を決定しているプジョーのお株を完全に奪った格好。

Audiの市販車もヨーロッパではディーゼルをラインナップしてるんでしょうから、それなりの経験と実績、自信があるんでしょうなぁ。

プジョーも予定を早めて来年から参戦なんて事になると面白いのですが、この世界で予定を1年早めるなんて奇跡に近いでしょうしねぇ。なんか、悔しいなぁ。^^;

ミシュランも来シーズン限りでF1撤退ですし、ちょっと寂しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)